事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】

事務の転職にはどこの転職サイトを選べばよいか?

事務職といえば女性のイメージがありますが、最近では男性も応募するケースもあり、企業側の求人にも男性を対象とした案件も出てきています。他の職種と同じく、事務職の転職であってもまずは情報収集が大事になってきます。まずは転職サイトの利用が第一歩です。

リクルートエージェントなどの転職サイトに登録しておけば、コンサルタントがあなたのキャリアにあった転職先の候補をピックアップしてくれたり、履歴書などの資料の作成にも親切にアドバイスをしてもらえます。登録は無料で1分で完了します!

事務系の転職斡旋に強い!転職サイト最新人気ランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・転職成功実績業界No.1を誇る転職エージェントで、事務系の転職求人も多数保有しています。
  • ・非公開求人の保有数は業界屈指。稀少な非公開事務系転職求人情報も豊富に取り揃えています。
  • ・業界大手リクルートグループならではの、企業トップとのパイプが存分に活かされています。
  • ・約35年の歴史あるリクルートエージェントは累計27万名以上の転職サポート実績があります。
  • ・2011年度実績ではリクルートエージェントで転職した方の約6割以上が年収アップを実現!
  • ・リクルートエージェント独自収集分析の詳細な企業情報をエージェントレポートとしてご提供!
  • ・転職支援サービスお申し込みの方へ独自の面接ノウハウを伝授する面接力向上セミナーを開催!
  • ・あなた独自の転職活動サポートページをご提供!厳選の求人情報管理や職務経歴書も簡単作成。
マイナビエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・転職・人材紹介大手マイナビは、事務系転職を考える全ての方へ今必要な情報をお届けします。
  • ・事務転職成功のために、人材紹介会社のプロフェッショナルなコンサルタントが支援します。
  • ・ご登録頂いたあなたのキャリアやスキルをもとに、条件に合ったスカウトメールが届きます。
  • ・豊富な事務系求人情報の中から求人を厳選し、あなたにあった求人へ応募する事が出来ます。
  • ・マイページの活用で条件に合った求人情報をリアルタイムで入手し新着情報を逃さずゲット!
  • ・マイページで事務職系履歴書や職務経歴書を簡単作成、保有。初めての方の頼れる機能です。
  • ・事務転職が進まないと思ったら職務経歴書レスキュー隊へ。転職アドバイザーがレスキュー!
  • ・事務転職の実際の成功事例や転職体験談など包み隠さずリアルレポートしてご紹介しています。
DODA
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★
運営会社 株式会社インテリジェンス
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・転職のプロに相談出来ると評判。経験豊富なキャリアコンサルタントがマンツーマンで支援。
  • ・人材紹介大手インテリジェンス運営の転職支援サイトなので事務系転職に役立つ情報満載です!
  • ・公開の求人情報はほんの一部。貴重な求人情報は非公開情報として大切に保有しています。
  • ・大手企業の求人情報を非公開で多数保有しています。希望とマッチする情報は非公開の中に。
  • ・他社にあかせない企業のミッションを携えた優良な求人情報だからこそ非公開で保有しています。
  • 公開して多くの方がミスマッチとなるよりも非公開でマッチングの可能性を重視しています。
  • 若干名募集や急募事務職求人の場合、掲載される前に非公開でマッチング成立しています。
  • 人気殺到が予測される企業からの求人情報を非公開で保有。登録された方に公開しています!

事務系職種の転職を有利に進めるための転職エージェントは?

事務職で転職をするにあたって、有利に進めたいと思うのは当然の事です。事務系転職をする場合まず大切なのは「相手を知り。己を知る。」ことです。雇用は雇用先企業の人材ニーズと採用される転職者のスキルや希望がマッチし、互いに相思相愛となって成立します。雇用先企業がどのような事務系人材を求めているのか、理解しましょう。

雇用ニーズを把握したら次は自分です。あなたはどのような事務職像を描いていますか?ご自身のビジョンを描いてみましょう。そのためには、自分は事務職の中でもどのような分野が得意なのか、そしてどのように働きたいのか良く考えることです。雇用ニーズ、あなたの希望の双方向で検討しない限り、たとえ転職出来たとしても、入職後ミスマッチとなりかねないのです。

事務系転職では、新卒や第二新卒であれば未経験者を採用する機会に恵まれますが、20代後半くらいになってくると、企業側からは経験値や実績を求められます。また事務職と言っても実に様々で、企業の人事総務事務、大学や学校の事務、営業事務などいろいろです。経営企画室の事務職では、企業の方向性を考えながら、柔軟性や発想力のある事務職を求める求人があります。その他、監査室事務、財務事務、法務部事務などの事務系スペシャリスト職も存在しています。企業規模によっては部署が細分化されておらず、経営者によりそって、経営企画や経理事務、総務事務全般を任されるやりがいのあるものもあります。

あと事務職によって転職しやすい時期というのもあります。(総務事務職は株主総会の準備時期。経理事務は決算時期、経営企画事務であれば新規プロジェクト立ち上げの年度始めなどです。)そういった意味で事務系の転職活動にはある程度の戦略が必要になってくるのですが、あなたの適任な事務職等を客観的に効率的に把握するには、転職エージェントの活用が必須と言えるでしょう。転職成功実績No.1のリクルートエージェントをはじめ優秀な転職エージェントにまずは相談してみることをおすすめします。


Copyright (C) 2013-2016 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.